FC2ブログ

いつかなんとか

自作の画像や小説を置いているえっちいブログかもしれません。
いつかなんとか TOP  >  ストーリー >  【R18】サキュバス研究機関

【R18】サキュバス研究機関

気付いたら知らない場所に居た。

知らない場所で奇妙で恥ずかしい服を着ていた。黒く、フリルらしきもので飾られたレオタードは乳房と秘部を守ってくれてない。
隠さなければいけない部分の布が最初から無く、私の淡く赤い小さな乳首は完全に見えるようになっていた。

「恥ずかしい…」

小さく言葉にした。顔が赤くなってるのが自分でわかる。



最も守らないといけない部分の布も無かった。私の性器は空気の熱を感じてる、薄着で居なければいけないからか、少し暖かめの室温だ、少し汗を流す。そしてその何倍も……恥ずかしい液体、エッチな気分の時に出る………愛液が流れて止まらなかった。

調教スーツc
                     
「……は、恥ずかしくて死にそう………まだ余韻が残ってて、そうアレ・・ の感触が残ってて…オマ◯コを深々と挿して大きくて柔らかくて、出たり入ったりして気持ちよかったのが……はぁはぁ」

「はぁはぁ…・・・ なんでこんな事言ってるのかな……」

頭に付いてる機械はつー・つーと機械音を出し、時々私に語りかけてくれる、私の状態に合わせて……
『アナタが露出の悦びに目覚めつつ有るからです。それは好ましい変化です。』

「そう…それで良いんだね、ワタシ……」
「気持ちいいからこの服で良いし、恥ずかしいけど隠さなくていい…」
ドキドキドキドキ

『はい、隠さなくて良いのです。乙女の快楽を知った貴女は今までと違うのです。また触手による膣内調教のような…夢のような感覚を味わうため……胸をときめかせて、そのために淫らな涎を流しても些細な事なのです。』

「はぁはぁ…やあん……言わないでー……お、思い出しちゃうからあぁ…ああぁん♡ああぁん♡…ああぁん♡ああぁん♡………ん」
「ああぁん♡ああぁん♡…ああぁん♡ああぁん♡…んあん…ふぁああっ♡ああぁ……」
「いじってもないのに…挿れられても無いのに……感じちゃうよぉ…思い出してどきどきして…気持ちいいよお……♡」

『良いですよ私たちはずっと見ています。イキたいならイッてもいいですヨ?』
今のワタシには甘い誘いにしか聞こえない

「さ、触っても良いですか…?」


『…………何処を……ですか?』




「おま@こです◯△!!」

『…まあ良いですよ♪でもちゃんと自分の状態を話して下さいレポートに記録されますから」

「あっあっあっ!!」

『感謝して自分のオマ◯コの淫らな所を実況して、気持ちよく終いにイッテしまいなさい』

その声を聞いてドサッと身体を倒す、そして右手で露出したお股を激しくこすり始めた。
「あぁ!ありがとうございます♡私のオマ◯コずっとぬるぬるして、ああぁ!ちょっと触っただけで手のひら全部ぬるぬるして…!!えっちで…おかしくて…ああっ!豆もクリトリスもぬるぬるして…ああぁん!!♡あああん♡あああん♡あああん♡あああん♡」

「イクの!私イッちゃいます…」
『そのままイきなさい。それとこれが何回目?はっきり答えなさい』

「あぁあぁんんん♡」ガクガクッ
「…!!んにゃぁあ゛あああああああああぁっ!!!」プシャッ!プシャア!

「あぁあぁ…60回目です…生まれてから数えて……自分の手でイッたのは……これが初めてです……」



ここは【リリス財団の施設】。理想の調教女を作る組織の秘密の場所【サキュバス研究機関】
私はもうそこの調教を受けていた。

ロボワーム 調教b

ある日私の家に来たロボットは私の処女を奪って、私は本当に気持ちいいことが有ることを教えられた。
サキュバスっていうのは男の精液を吸って生きる伝説上の生き物らしい。そう教えてくれた。
実在はしない、しかし現実に作り出そうとしてるのがここ。
その実験に使われるのはあくまで希望する女性のみと言ってるけど…

私が今いる部屋にはマット、その上に私の愛液がぬらぬら光ってる。カメラや良くわからない機械がいっぱいで私を取り囲んでいる。その裏には多数の人が居るんだとなんとなく分かる。

『はい。第一段階の調教は終了です。貴女の協力に感謝します』
『さて、今朝も話したようにここから貴女にはコースを選んで頂きます』

『最後の理性の軛を自分で外し、サキュバス候補になり私達の世界に入るか…人体実験を受けて、後に社会に戻るか……』
『どちらの場合も後々不便になるような事は有りません。謝礼もそれなりに多額のものを支払わせて頂きます。』

突然ロボットに襲われて攫われた私。この提案にふざけろー!とか今すぐかえせーとか言う気にならない。
私は元々、地味でそんなに活発に友達と遊んでなかったから、こうやっていっぱい見られて多分たくさんの人が居て、私のためにこの部屋が用意されて、実験を円滑にするためにほとんど何でも聞いてくれるらしい。

例えば何人もボーイフレンドやガールフレンドを用意してくれて好きに使って良いという。
それが本当か受けてみないとわからないわけだけど……

『ではコースの説明を

 1.巨乳化搾乳実験
 2.陰核肥大化後天的両性化実験
 3.腟口、子宮強化実験
 4.サキュバス候補前実験
 

 それでまず1の……』

私はどれを選ぶのか……

まえ つづく まとめ
関連記事
↓良かったらブログランキングへ!

FC2Blog Ranking
アダルトブログランキングへ

[ 2017年08月05日 01:31 ] カテゴリ:ストーリー | TB(0) | CM(2)
愛液の水たまり、最高です!!
4つのコース?
どれも素晴らしいじゃないか!
[ 2017/08/07 23:07 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
お褒めのコメントありがとうございます!
コースはよりどりみどり?性欲増加した状態では堪らないでしょう。
少々の怖さを超えて選んでしまう事に…?
[ 2017/08/12 11:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
今見ている人
プロフィール

ガララ

Author:ガララ
ヤコウリョウメイから名前変更。
ここでは主にえっちなイラストとお話を作ってます。
感想等くれると喜びます。
ブロとも、相互リンク募集中。お気軽にー。
お仕事の依頼、ご意見、苦情などは下のメールフォームからお願いします。

作者のピクシブのページ↓






同人
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー画像
PR
PR