FC2ブログ

いつかなんとか

自作の画像や小説を置いているえっちいブログかもしれません。
いつかなんとか TOP  >  ストーリー >  ソラ 6-2 おんなきょうし再び

ソラ 6-2 おんなきょうし再び

「うぐ、むぐぐぐ……いくっ!むぐうううううぅ!うん・・・んあぁあぁああ♡」

「おいひっ ご主人さまのおっぱいおいひ♡ おかひくなるぅ…♡」

ヒトミちゃんはボクのカラダに埋まったままボクのおっぱいを吸っている
そのふたなりちんちんから…膣からお尻の穴から口からボクを受け入れている


「ふふふ…ねぇ?今どんな状態か分かる?…言ってみて」 ソラ 61 思う存分2

「ごほっ…私の中にご主人さまが入ってきて…私がご主人さまに射精して」
「溶けそうで」
「グルグルまわって……訳分からないです…ふぁあ♡」

カラダが溶ろけるような快感を激しく感じながらも、しっかり答えてくれた
彼女のカラダ痙攣しっぱなしで目を白黒させてる、常に絶頂に近い快楽状態で仕方がない

「うひぃっ・・!? ひゃあぁああああああ!!!んああああぁああ゛あああ出てる出てる出てるぅうううう!!」
「いくいくいくいく…あひあひあひあひ♡ あひぃ!やああ゛ぁあああああぁぁああああ♡」


大きな波が来て、理性と言葉を失う……あまりの心地よさ。ボクに精液が愛液が混じり、彼女の中にボクを送り込んでいく…
この先はどうなるんだろう…?

ぐっちゃぐっちゃのその向こうまで犯してるけど…限界は有るのかな? 快楽の限界……その先まで行くと…
彼女もスライムになるのかな?

ボクはスライムに犯されてスライムのカラダになったけど、どうなのかな…♡

「おあぁっ♡おあぁああああああ!! んんあああぁぁあああああ!!!」


それでまた徹底的に快楽漬けにしてみた…結局ボクも疲れたので離したけど……何も触ってないのにずーーーっと痙攣してイキっぱなしになってた… 先っぽから白いのを出してオマ○コから洪水のように愛液出して震え続けたけど…彼女のカラダにはそれ以上の変化は無かった

薄く笑いながら気を失っていたのは面白かったし可愛かったけどね♪






「……ふぅ」

「えーとうん、身体しっかりしてますよね…?」

自分に問いかける…さっきのご主人さまとの行為はまた激しかった…。
ヒトミ 笑顔2

徹底的に【悪いこと】された私は一旦眠ってしまったのだけど、その直前には私が終わったと思いました。
もう触られてもいないのに関わらずイクのが止まらなくなった。
気持ちいいままなぜかアヘアヘと笑いながら……震えていました…。
壊れて…機械みたいに故障してそれしか出来なくなった感じです。

下半身はとっくに溶け出していたと思ったのですが、まあそんなことが有るはずもなく…です。

「あっ♡んんっ……!!っ…!………」

思い出したらイってしまいました……


……
「はははっ…!まだ余韻抜けてないのか?」

「あっと…ロボットのお巡りさんですか…?」

声をかけられた……まあ恥ずかしい部分はお互い見た仲?では有るんですが……普通に会話をすると変な気分です。
昨日の時点で別れたのであれば、私が彼女の事で覚えていたのは悶絶顔とおち○ちんをしゃぶられた時の感触だけでしょうから。

「もうすごかったからね、えへへへ……あんなにされるとはお姉さん思わなかったな~♪」
「ああっと、私はサイボーグだからね、元々も今も人間…ていっても奴隷化してるけど」

プカプカと首だけで近づいてくる人にはさすがに異質感を感じる。
目が覚めてから普通の人に会ってない気がするが、記憶が無いのでそれが正しいか判断できない……
異質感は見た目だけじゃなく言動もだったのでそれを聞いてみることにした。

「私が言うのも何ですが…ずいぶん明るく言いますね…?」

ソラ62 お気楽

「まあその辺ネガティブに思う権利も今の私には無いのさ」
「ご主人さまの命令に従うことが幸福です!あは~ん♡」

「……変な人ですね」

「まあそう言うなって……これでも助けてあげようと思ってるんだ。またすぐ冷凍睡眠というのは嫌だろ?」

「…良くわからないです」

「本来はそういう決まり。誰かが何かを専有するのは許されてないし、起きていられる人は決められている」



ピンポーン

「え、誰か来た?そんな…この身体じゃ…恥ずかしい」


「えっと……カラダ無いと言ったほうが近いですよね…というかどうすれば…」


「あっあーー! ソラ様もあの御姿だし!えっとこれはま不味い…!?」

そういえばご主人さまどこだろう…?

「そうだキミがソラ様…ソラだ!多分お届け物だろう行ってきてくれ……」

「えっ私が」

「あへええええええええええええ!!!」

「何!!?」

「ソラ様ぁ呼び捨てにしたからぁああ! おしおきのアヘモードにぃいいい!?」

「………」

やはりまともな姿をしてるのは私だけのようです…今はそれをどう思えばいいか分かりません
意を決するしか無いのでしょうか……


「…はーい、新聞の勧誘なら要りませんよー……」




「うふふ?あらソラちゃんではないわね………貴女はだぁれ?」




ソラ63 おんなきょうし再び


つづき まとめ



http://itukanantoka.bbs.fc2.com/
掲示板開設しました!雑談でもなんでもどうぞ

[いつかなんとか] ソラ 漫画版 スライムソラとふたなり娘編
関連記事
↓良かったらブログランキングへ!

FC2Blog Ranking
アダルトブログランキングへ

[ 2015年09月04日 22:56 ] カテゴリ:ストーリー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
今見ている人
プロフィール

ガララ

Author:ガララ
ヤコウリョウメイから名前変更。
ここでは主にえっちなイラストとお話を作ってます。
感想等くれると喜びます。
ブロとも、相互リンク募集中。お気軽にー。
お仕事の依頼、ご意見、苦情などは下のメールフォームからお願いします。

作者のピクシブのページ↓






同人
ブログランキング
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー画像
PR
PR